南西諸島に日本軍大本営直轄の第32軍新設

1944年2月17~18日、日本軍が占拠していたトラック島が米軍の空襲を受けました。日本軍はこれをきっかけに、米軍が南西諸島から日本本土を侵攻してくるのではないかと考え、米軍の沖縄上陸に備え第32軍を創設しました。軍司令部は沖縄島首里に置かれ、首里城地下には大規模な司令部壕が掘られました。