サイパン島の日本軍玉砕をうけた緊急閣議により、
集団疎開が決定

サイパン島が陥落した1944年7月7日の夜、緊急閣議が行われ沖縄から本土へ8万人と台湾へ2万人、合計10万人の高齢者や女性、子どもを集団疎開させる方針が決定しました。