第二次防衛召集

全国民が国土を守るために軍に協力すべきであるという考えにより、17~45歳までのほぼ全ての男子が召集されました。防衛隊の中には妻や子供を置いて召集された者もおり、家族のもとへ逃げ帰る人も少なくなかったといいます。