沖縄島中南部の住民10万人を
北部へ疎開計画

那覇市や浦添市など中南部に住む老人、子供、女性を本島北部へ疎開させる計画が県会議で表明されました。住民は戦争に協力することが前提で、この疎開は戦闘で足手まといになる者を移動させることが目的でした。