師範学校、中学校、女子校の生徒らを
学徒隊として各部隊に配属

<学徒隊とは>
戦前の沖縄にあった21校の中等学校から生徒たちが学徒隊として戦争に動員されました。女子学徒は15~19歳で看護活動に従事し、男子学徒は14~19歳で上級生は「鉄血勤皇隊」、下級生は「通信隊」に配属されました。鉄血勤皇隊は物資運搬や陣地構築、通信隊は電報の伝達等の任務にあたりました。

 鉄血勤皇隊の少年兵(左)と米軍海兵隊の憲兵(右)