収容所生活の開始

今帰仁、本部、伊江などから来た住民 約4万人が収容された大浦崎収容所

大浦崎の収容所には本部以外にも今帰仁、伊江の住民も移動しており、同年11月ごろまで収容所生活が続きました。