本部町役場を並里区に設置

職員50名体制で戦後の町役場が並里区に開かれました。その後翌年1月に今の町役場の場所(本部国民学校跡地)に移動し、1959年にはコンクリート造の庁舎が落成しました。