町内の各小学校を設立

住民が帰村している地域では青空教室や林間学校が自然発生的に開設されていましたが、この頃に町の統制による戦後初めての教育行政として本部第一、本部第二、謝花、新里、豊川、伊豆味、崎本部、瀬底の8つの初等学校が設置されました。

1950年頃の本部小学校(手前)と本部中学校(左奥)、
沖縄開洋高等学校(左奥)