本部町農業組合を設立

漁業組合に続き、農産業の基盤も整えられていきます。戦前の自給的な農業から変化し、サトウキビやパイナップルのような市場での販売を目的とした商品作物が栽培されるようになりました。