琉球政府が設立

沖縄米国政府下において、日本の地方自治法に基づき設置されていた奄美、沖縄、宮古、八重山の群島政府を吸収する形で琉球政府が設立し、1972年の本土復帰(沖縄返還)まで存在しました。